ちゃらんぽらんの日記

おカネやビジネスのことが中心です。

意外に・・・


  • ファナックが株主対話の専門部署を新設したこと
  • 日本企業の賃上げに対して海外投資家が前向きに評価しだしたこと

この2点が最近意外に思った点だ。

投資家から見れば、現預金などの手元流動性が厚いことは経営者の自信のなさの裏返しとして映る。経営者がすることは、設備投資などの投資をすること・投資家に還元することの2つと、利益の持続性を高めるために社員・取引先・顧客などのステークホルダーとの分配のバランスをとることを加えた3つである。

90年代以降の日本企業は、設備投資にも消極的・投資家には還元しない・社員の給与は据え置き・取引先はいじめて・安売りをすることで顧客からもブランド価値を得られない企業が多く目に付いた。「利益なき繁忙」と「革新なき『言い訳論理』の装備」に邁進してきたからだ。投資の仕事をしながらも絶望的に見ざるを得ないマーケットであったこともしばしばある。

仕事柄、90年代以降数え切れないほど多くの経営者に会った。しかし印象に残る経営者は本当に少なかった。かなりいいな、と思える経営者でもせいぜい欧米流の何かをいち早く導入した程度に過ぎなかった。

今回、意外に思った2点が単なる兆しに終わらずに、「日本企業が変わる始まり」であって欲しいと思う。投資も積極的に行い・社員を豊かにし・取引先と公正な条件で取引を行い・顧客からのブランド価値を高め・投資家に還元する。当たり前のことなのだが、そういう日本企業になってもらいたいものである。

この2点が始まりであるためには、日本企業が「価値(Value)創造のブランディング」で海外企業以上に巧者にならなければならない。

その追求こそが、持続性ある利益と革新の気概を生むのであるから。