ちゃらんぽらんの日記

おカネやビジネスのことが中心です。

儲かる商売(3)仲介商売いろいろ

アフィリエイトMLMマルチレベルマーケティング)もちょっと気がひける人というのは。

 

1. 良いと思ってないのに、仕事(お金)の為に嘘をつかないといけない。

2. 良いと思ってないのに、平気で嘘をつける自分が嫌になる。

3. 良いと思っているのに、その良さをうまく他人に伝えることができない。

4 .良いと思っていて、その良さをうまく他人に伝えることもできるのに、そんな仕事をすることに自分のプライドが許さない。

 

の4パターンが考えられます。

1. の人は「やるべきではない人」です。他人に迷惑を振りまくだけですもんね。

2. の人も「やるべきではない人」です。もっと他人が迷惑します。

 

3. の人は「やることができる人」です。時間や手間はかかるかもしれません。でも、正直な体験談で進めるときっと理解できる人は現れれます。全く売れない商品は売れない可能性がありますが、1個でも売れる人が見つかるということは次の1個を買う人は必ず現れます。2個売れれば3個、その積み重ねで10個・100個と増えていきます。

 

4. の人は「悩ましい人」です。人生である程度の成功体験を持ったことのある人が多いですね。特に男性。上場企業の役職者だったとか、役員だったとか。そんな立派だった人が「今は、ネズミ講やってるらしいよ」と言われてしまったら「人生おしまいだ」とまで落ち込んでしまうことになりかねません。その恐怖が一歩の足を踏む出すのを躊躇させます。

このタイプの人は、ネズミ講やっていると言われるよりは、大企業を退職してラーメン屋を始めましたという方がまだましと思っているかもしれません。

 

アフィリエイトMLMもいわば仲介業です。それが紹介という軽い行為から仲介して契約締結までという重い行為まで、どれも仲介業(インターミディアリー)ということには変わりはありません。不動産仲介業も、証券会社の営業マンも、食品問屋の営業マンも、人材紹介業も、顧問という偉そうな肩書きのついたシニアなOBも人脈で紹介する仲介業です。

 

自然な商取引行為です。

 

昔は日本でも中国でも他国でも、メーカーがモノを作り、一次問屋が仕入れ、二次問屋を経由して、小売店に流れ、場合によっては小売店の本店から暖簾分けされた分店を通じて消費者に届けられたケースも少なくありません。これだけで、3層レベルまたは4層レベルのMLMです。それぞれの流通段階で労働に見合った給料が支払われそれぞれの人たちの生活が成り立っていました。

 

MLMネズミ講は違います。

決定的な違いは「ネズミ講は無限連鎖」、MLMは「有限です」。

つまり、階層は8つまでねとか、合計報酬の上限は月5千万円までねとか上限が決まって入れば無限連鎖(ネズミ講)にはなり得ないのです。

 

過去の流通過程で4層レベルで消費者に届いていた商品を想像して見ましょう。船着場に届いた荷物を番頭さんが検品し台帳に記入し一旦倉庫へ。取引業者の二次問屋が荷馬車を引いて人足と共に小分けして商団を組み峠を超えていく。そんな姿から、インターネットで注文を受け物流センターから商品が配送される今の世の中を考えれば、4層の利益を半分に分けて8層にしてもおかしくはないのではないでしょうか?

 

そこは、合理的な流通政策の設計の問題です。

 

4. のタイプの人は、もう少し考えて見てはいかがですか?

それでも、プライドが許さないというのであれば、1.2, と同じでやるべきではないと思います。商品の良し悪しではなくて、仕事そのものが悪いと思っているのですから。

 

-----------------------

続く(次回は残った3の人の為の投稿です。)

儲かる商売(2)以下の商売は悪でしょうか?

質問をしますので考えてみて下さい。

 
1. 利益率が高いウイスキーを売るので商品価格の何割もテレビの宣伝広告費に費やしている。
 
2. 似たような民事訴訟や弁護士意見書を出すので、過去の文書をコピペして名前などの部分だけを変えて作成して、同じ料金をとっている法律事務所。
 
3. アフィリエイトにお金を払って自社のECサイトに集客する行為。
 
4. 口コミなどで広げていく方が有効なので、MLMマルチレベルマーケティング)の手法で売る商品。
 
この中で違法な販売行為はあるでしょうか?
この中で悪と感じられるものはあるでしょうか?
 
1.2.3.は違法でも悪でもないですよね。
4.のMLMも違法でも悪でもありません。
 
 
でも、MLMはやりたくないと考える人が多いのも事実です。
また、3のアフィリエイトもちょっとやりたくないと言う人も少なくありません。
 
それでは、なぜなのでしょうか?
---------
続く

儲かる商売(1)

儲かる商売って、すごく俗っぽい言い方ですね〜。(*_*)

 
でも、これって立派な方程式があるんです。
 
1. 利益率
2. 回転率
3. 借金
 
です。
利益率は10%よりも50%の方が良いですし、ほとんどの人が意識しています。利益率の低い商材は生活用品や食品が多いですね。逆に、ソフトウェアなどは高いです。PDFで有名になった米国の某ソフトなど利益率80%なんていう商品もあります。製薬も洗剤もそうですね。
 
回転率は作った商品や在庫が年に何回転するかです。高利益率のソフトウェアが年に何回転もすることはありません。逆に低利益率の食品が年に一回転なんてこともありません。
 
借金と言うのは、レバレッジとも言います。お金が貯まったら次の商品を作ろう、なんて考えていたらチャンスを逃してしまいます。ただし、甘い見込みで借金したらすぐに破綻してしまいますので諸刃の剣です。
 
経済の専門家の方々は、これをデュポンの方程式と呼んでいるそうです。なんかカッコいい感じですが、常識的なことですよね。
 
--------
続く

人生の三段ブロック

どう意味かと言うと・・。

・性格
・努力
・運
の積み木です。
 
1. 性格
これは生まれつきなので、そう簡単には変わりません。
なので、性格を変えるよりも、自分の性格と折り合いをつける方が大事です。
 
2. 努力
若い時に頑張って努力する人、働き盛りに頑張って努力する人、老年になって頑張って努力する人。
ずっと努力する人、ずっと努力しない人。
 
多くの場合は、出世とか成功とか、幸福とかはここの部分で決まることが多いですね。一定水準までは。
 
3. 運
運とは「その人にとっての」チャンスであったり、落とし穴であったりするわけです。
これは「性格と努力の掛け算」です。
 
努力しても性格が足を引っ張って不運になる事もありますし、努力せずとも性格が運を引き寄せることもあります。でも、おみくじ的なる言い方をすれば、前者は凶、後者は吉や中吉止まりです。
性格が悪くて努力しなければ大凶、性格が良くて努力すれば大吉です。
 
しかし、これは確率であって例外もあります。性格が悪くて努力もせずに大吉なんてことも。でも、そこに頼って生きるわけにはいきませんよね。
 
-----------
このブログは、お金と人間関係が中心ですが、この人生の三段ブロックは基本テーマです。
 

はじめまして、はじめました

はじめまして、はじめました・・ブログを

というか他社でちょぼくやってたのですが、Hatenaがいいなと思いこちらにしました。

 

なんでかというとProにすればGoogle Adsenseが使えるとのこと。

それを目指してまっしぐらではありませんが、自然に買いているうちにそうなればいいですよね。

 

ということで、「初はてな」です。

 

まだまだ使い方わかりません。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

最近描いた本?(9)「心やすらぐ仏像なぞり描き」

「心やすらぐ仏像なぞり描き」
田中ひろみ 著

書店で目が止まり、つい買ってしまった。
ただ、薄い下書きを筆ペンでトレースするだけ。でも、面白い。


最近読んだ本(8)「続 資本論」と「戦争論」

「続 資本論マルクスエンゲルス
「戦争論」 クラウゼヴィッツ


若かりし頃に読んだ本が今ではマンガで読める。しかもKindleスマホで読める。
便利な世の中です。

資本主義とか戦略とか日常に氾濫する言葉でも、「あれ?そうだったっけ?」と疑問に思うことがたまにあります。
昔なら、分厚い本で堅苦しい言葉使いで書かれていた本でも、簡単に読み返しができます。